2014年07月30日
楽しみにしていた夏の徳川美術館に行った話

どーもみなさま!広野です!
火曜日のお休みの日に「徳川美術館」にいって参りました!

今年の夏の徳川美術館は凄いんです!夏の特別展その名も!
「天下統一〜信長から家康へ〜」
こうゆうのが見たかったんです(T_T)隠れ歴史好きの僕のハートを鷲掴みなんです(T_T)

展示の仕方も、時代ごとの戦で仕切られて、その時代の武将の肖像画や書状。その時代のありとあらゆる物が展示されてるわけです!
僕がその中でも感動した物が「家康のしかみ像」と「信長が秀吉の奥さんのねねに宛てた手紙」です。

「家康のしかみ像」というのが写真に出てる絵で、三方ヶ原の戦の時に武田軍に大敗を喫し、その時の事を胸に刻むために自分の絵を書かせたというものなのです。まさか生で見られるなんて思ってなかったので、震えが止まらなかったです。

そしてもう一つが「信長の書状」なんですが。内容が素晴らしいものでした。冷酷非道で有名な信長ですが、この文章の内容がとても優しいものなのです。
まずは、ねねをとても素晴らしい奥さんだと褒めて、素晴らしいから秀吉みたいなやつには理解出来ないと言い、それでも支え合ってほしいという内容なのです。
信長という人はなんて素晴らしい人だったのだろうと感動してしまいました。

本当にいい休日を過ごせました。もしかしたら、もう一回見に行くかもです(笑)
では、広野でした!

IMG_1815.jpg